TOP
TOP 水廻り 天井・壁・床 塗装 内装 修理 駐車場 増改築 バリアフリー 工事中の写真 お見積り お問合せ
花 健康家族 花
〜当社をご利用いただきましたお客様に不定期でお送りしています〜
BACK 1ページに戻る
繊維質の多い野菜を食べて腸をすっきりお掃除しましょう。 (以前)
繊維質の多い野菜を食べて腸をすっきりお掃除しましょう。
 腸を元気にするには、腸の働きを活発にし、内容物を腸の中に溜め込まないで次から次へと送ることです。これには送られるのに適した硬さ、ねばり、量というものがあって、これを左右するのが食物繊維というわけです。食物繊維とはわかりやすくいうと、食物の中の消化されない成分のこと。
 お肉の筋などはたんぱく質なので消化されてしまい、繊維にはなりません。繊維は、野菜、果物、豆類に多く含まれていて、これが便の増量材になると共に、通過するときに
腸内壁を掃除する働きもします。
 大腸がんの予防には肉の倍の量の野菜を摂るのがおすすめです。
1ページへ戻る
何でも話せて長くつきあえるホームドクターをみつけましょう。 (以前)
何でも話せて長くつきあえるホームドクターをみつけましょう。
 定期点検を欠かさず行うにはよいお医者さんとの出会いが欠かせません。いいお医者さんというのは、ベテランのえらい先生であること以上に、あなたと気があって、何でもうちとけて話せる相手であることが大切です。自宅の近くであれば言うことなしですが、勤務の途中に立ち寄れる所とか、少し遠くても誰かのご紹介とか、いろいろなケースが考えられます。
 ホームドクターを持つひとつの意味は、それでも何かの病気になってしまった時、普段のあなたの体の様子やライフスタイルを良く知っているお医者さんなら、一層的確な治療ができるということです。
 お医者さんというより、健康アドバイザーくらいのつもりで、何でも気軽に相談してみるといいでしょう。
1ページへ戻る
食べ過ぎない、楽をしすぎない、くよくよしないが三大原則。 (以前)
食べ過ぎない、楽をしすぎない、くよくよしないが三大原則。
 世界には長寿の人が特に多いいくつかの地域があります。
そうしたところに共通した条件は、まず空気と水がきれいなことが挙げられます。
 
気候条件や労働がやや厳しいことも大きな要件で、人間の体はどうやら甘やかしすぎると弱くなるようです。
 さらに
ごちそうを食べすぎないこと、ストレスは少しあるが多すぎないこと。
 これらは、現代の日本で暮らしていく上でも、大いに参考にしたいことです。

 
1ページへ戻る
寝相が悪いのは自然な疲労回復法。腰の痛いときは上向きより横向きで。 (以前)
寝相が悪いのは自然な疲労回復法。腰の痛いときは上向きより横向きで。
寝ついた時の姿勢のままで朝まで寝ているという人は、ほとんど
いません。特に昼間よく動き回る子供など、夜中に何度も寝る姿勢を変えてドタンバタンと動くものです。
 これを寝相が悪いといってお行儀が悪いことのように考えていた時代がありましたが、今では健康のしるし。
 昼間使った筋肉や神経の疲労回復に一番具合のよいポーズを無意識のうちにとっていると考えたほうがいいでしょう。
 こうして寝ている間に全身の疲労を解消しているのです。

 腰痛は程度の差こそあれ、多くの人がかかえている症状ですが、腰痛の人は上向きに寝るとけっこう腰の負担が大きいもの。横向きで少し丸くなるのがおすすめのポーズです。
1ページへ戻る
4〜8月は紫外線が強い 日焼けに要注意シーズン。 (以前)
4〜8月は紫外線が強い 日焼けに要注意シーズン。
 梅雨が明けると、一気に夏ですが、その前にお肌の日焼けについて、知っておいてほしいことがあります。
 それは、
梅雨の晴れ間の紫外線は、実は1年中でいちばん強いということ。紫外線は4月から急に強くなって、6月がピークになり、7月から8月いっぱいまで強いシーズンが続きます。ですからこの5ヶ月間はずっと注意が必要です。
 さらに初夏は、半そでになって、冬の間ずっと衣服で包んで守っていたお肌を直接強い光にさらすことになります。この最初の日焼けがいちばん危ないのです。 肌の弱い方だと、熱を持って赤くはれたり、長くシミになって残ることもあります。オゾン層の破壊などで、日光は昔より強くなっていることをお忘れなく。
1ページへ戻る
よく見て、よく噛んで、よく味わって。「ながら食事」はやめましょう。(以前) 
よく見て、よく噛んで、よく味わって。「ながら食事」はやめましょう。
 TVを見ながら食事をするのが習慣になっているお宅が多い
ようです。新聞を見ながら朝ごはんという癖が抜けないお父さんも多くありませんか。
 こうした「ながら食事」は、気持ちが食べること味わうことに集中していません。自然に噛む回数も少なくなり、唾液の出方も不十分になりがち。できれば食事のときは、食べ物に意識を高めて、目で楽しみ、香りを喜び、歯ざわり、味わいなど全感覚を総動員して、おいしさを満喫してください。
 家族がそろう数少ない場でもあるのですから、会話も楽しみながらいただきましょう。
1ページへ戻る