TOP
TOP 水廻り 天井・壁・床 塗装 内装 修理 駐車場 増改築 バリアフリー 工事中の写真 お見積り お問合せ
花 健康家族 花  
〜当社をご利用いただきましたお客様に不定期でお送りしています〜  
BACK 1ページに戻る
したいときにガマンするな。出ないのに無理にきばるな。(以前)
したいときにガマンするな。出ないのに無理にきばるな。
便意というのは不思議なことに、高まったタイミングを外すと、そのまま去っていくことも多いようです。朝忙しくて時間がないとか、家族の誰かといつもぶつかってできないとかの理由で、排便時間が一定しないと、人によってこれがもとで便秘になります。便の水分が奪われすぎて硬くなるのです。
 反対に、時間が来たからと便意がないのに無理やりきばるのも、これがもとで痔になったりすることもあります。
 自分のカラダと相談しながら、いちばん便意の高まるときを見つけて、チャンスを逃さないように。繊維質の多い植物をとるとか、コップ一杯の水を飲むなどの工夫も時には必要です。
1ページへ戻る
 コップで飲む日本酒がちょっと問題なワケ。(以前)
コップで飲む日本酒がちょっと問題なワケ。
世界にはいろいろなお酒がありますが、それぞれにそのお酒を楽しむための器があることをご存知ですね。
 この器には独特の形状もさることながら、お酒の強さによって、一杯のサイズが決められていることにお気づきでしょうか。
 アルコール度の強いウイスキーなどのグラスは小さく、弱いビールなどは大きく、中間のワインなどはグラスのサイズも中くらいという具合です。では日本酒はどうでしょう。
 アルコール度の結構高い日本酒は、小さな盃で飲むのが普通です。冷酒用のグラスもそれほど大きくはありません。その日本酒のおまけにお燗をしたのをコップでごくごくという飲み方は、このお酒の原則からはずれています。飲みすぎや悪酔いになりやすいので要注意。
1ページへ戻る
 腹筋と背筋をきたえて 筋力アップと老化予防を。(以前)
腹筋と背筋をきたえて 筋力アップと老化予防を。
背筋をシャンと、姿勢を正しくするにはどうすればいいのでしょう。
 背骨というのは太いようで、実はウスのような骨をいくつも重ねているだけ。よく曲がるようこういう構造になっているのですが、前後をしっかりと筋肉で支えられていることが条件です。この筋肉がおとろえてくると、背筋をまっすぐに保っておくことができません。朝夕、腹筋背筋運動を続けることを心がけましょう。
 運動をしなくなると、筋力がダウンするばかりか、骨そのものの性質ももろくなってしまいます。こんな悪循環におちいらないよう、若い時からいい運動習慣をつけてください。
1ページへ戻る
ストレスを忘れて夢中になれる趣味を持とう。 (以前)
ストレスを忘れて夢中になれる趣味を持とう。
 ストレスの影響は、血圧や胃に最も敏感にあらわれます。その他、その人のいちばん弱い臓器に病気があらわれます。糖尿病でも、ストレスが原因で発病したり症状が悪化したりします。ストレスの原因そのものをとり除ければそれに越したことはないのですが、多くの場合難しい問題でしょう。
 しっかりした価値観を持つこと、カラダに関してはよい食生活と適度な運動十分な睡眠で、疲れをためこまないことが大切です。またストレスを忘れて気分転換をはかり、新たな気持ちで取り組む工夫も必要でしょう。
 それには日常生活から離れられる趣味やそこで出会ういい仲間が欠かせません。
 よくしゃべり、よく笑い、十分楽しんだあとは、誰しも元気になり、やる気がわいてくるものです。
1ページへ戻る
 生野菜やサラダよりも煮込んだほうが量がとれる。(以前)
生野菜やサラダよりも煮込んだほうが量がとれる。
 野菜ぎらいの人は、青臭さやパリパリした歯ざわりがニガテな人が多いようです。そんな人には、なべ料理や具の多いカレー、シチューなど、煮込んだ野菜をすすめてあげてください。ビタミンCは確かに生に近い方が豊富ですが、その他の栄養素や繊維質は煮てもそこなわれることがありません。
 量の点から言えば、生野菜はカサが高いのでたくさん食べたようでも、少ししか食べていないことが多いのです。
 他にはジュースにするという手もあります。繊維質を大切にするということを考えれば、あまりドロドロになるまで回しすぎないことも覚えておいてください。
1ページへ戻る
クルマのエアコンは効きすぎになりやすい。(以前)
クルマのエアコンは効きすぎになりやすい。
いつでもどこへでもクルマで出かける生活の方は、クルマのエアコンにもご注意ください。クルマはとても狭い密室で、しかも機密性が高いので、エアコンが極端によく効きます。体を動かさないので熱を発しない上、同じ部分が冷風にさらされています。これは身体にとって好ましいことではありません。
 朝夕、少し涼しい時は窓をあけて外気を入れましょう。
 また夏の盛りは別としても、春や秋のいい気候の時は、エアコンよりも外の風邪を楽しむこともお考えください。年中窓を閉じてエアコン漬けで走っている車が多いのは、ちょっと問題です。
1ページへ戻る
 除湿を中心に、温度設定は高めに。(以前)
除湿を中心に、温度設定は高めに。
冷房はほとんどの家庭に普及し、蒸し暑い日本の夏をすっかり快適にしてくれました。しかし強くかけすぎて、かえって体調をこわすケースも少なくないようです。
 特に外との温度差が大きすぎるのは、体温調節機能を狂わせます。
 夏は暑いのが自然の法則と考えて、涼しいところまで冷やさないほうがいいでしょう。
 健康上からは、26〜28℃くらいに設定して、除湿を中心にすれば、けっこう快適に過ごせるようです。
1ページへ戻る
 老化は脚からやってくることを証明するひとつのデータ (以前)
老化は脚からやってくることを証明するひとつのデータ
 クルマの発達から、日本人はほんとに歩くことが少なくなりました。
歩くといういちばん自然な運動をしなくなったため、運動不足はますます深刻です。特に人間の体の筋肉の70%が脚部にあるということを考えると、この部分の筋肉の衰えは大問題。
 さらに筋肉の老化は、脚部から始まるというデータもあるのです。筋肉の老化は、上半身がゆっくりなのに対し下半身は急速で、いちばん筋力があるとされる20代前半を100とすると、60才では上半身は70ですが、下半身は40です。
 つまり脚の筋肉は半分以下に落ちてしまうのです。もっとも、これは個人差が大きく、トレーニングなどによって衰えを防ぐことが可能です。筋肉を使わないと衰えがさらに早くなります。
1ページへ戻る